2017年10月28日

従業員慰安旅行 2017.10.22-27

平成29年10月28日(土)

宝飾関係の会社をやっている友達のところでは、毎年、経理部長のかみさんと社員旅行に行っているという話を聞いたので、わが山梨ひらやま農園でも、今年から従業員慰安旅行を実施することとしました。

今年は、10月23日(月)から27日(金)までの4泊5日の旅程の予定。
時を同じくして台風21号が東進しておりましたので、これを警戒しつつの旅行となりました。
22日夕方の時点で、翌23日午前中の中央線特急の運休が、JRからアナウンスされておりましたので、急きょ予定を変更して、22日20時過ぎの電車でとりあえず、山梨を脱出して、東京・赤羽に前泊することにしました。
結果的にはこの判断は正解で、23日以降は、当初の予定通りの旅程を確保することができました。

23日は、午前10時46分、大宮発のはやぶさ13号で青森へ。午後2時前に青森着。
青森では、FB友達の上沢さんの勧めで、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸ねぶたの家ワ・ラッセを見学しました。
IMG_0910.JPG

夜は、ホテル近くの一八寿司で上沢さんと会食。
青森の新鮮な魚介料理と地酒をいただきました。

24日は、早めに起床して、7時40分発の津軽海峡フェリー「ブルードルフィン」で函館へ(午前11時20分着)
(フェリーから函館方面)
IMG_0269.JPG

函館では、五稜郭タワーに上って、函館周辺の眺望を楽しみました。
IMG_0292.JPG

タワーの麓のラッキーピエロで軽い昼飯後、トヨタレンタカーでクルマを借りて、いざ、本日の宿、札幌エクセルホテル東急へ向けて出発。
函館から、道央自動車道を経由して、18時30分に無事ホテルに到着。
北海道の旅は、クルマに乗っている時間が長いことを実感した旅程2日目でした。
夜は、ジンギスカンだるま4.4で飲み会。
本場、サッポロのジンギスカンを堪能いたしました。(ただし、どのお店が本物の「本場」なのかは、素人である筆者には判別できません。)

25日(水)は、札樽自動車道経由で、ニッカウヰスキー余市蒸留所へ。
IMG_0917.JPG
見学コースが整備されてますので、順路通りに廻れば一通り、ウヰスキー作りやら、ニッカウヰスキーの歴史やらを学べます。
お土産のウィスキーとブランデーを購入した後、13時過ぎに、余市を後にして、小樽へ。

小樽は、運河や建物に味があって、いい雰囲気のところです。
IMG_0298.JPG

小樽では、函太郎小樽店で遅めの昼飯をいただいてから、街を散策しました。
周辺諸国からのインバウンドのみなさんの話声の大きさに辟易しながらのスポット巡り。

(旧日本郵船小樽支店)
IMG_0300.JPG

ちょっと外れにある旧日本郵船の建物は、来場者は私ども2人だけでしたので、時間をかけてガイドのおじさんの話を聴くことができました。
建築物といい、歴史的背景といい、私にはとても興味の湧く場所でした。

本日の宿、旭川グランドホテルまで、札樽道−道央自動車道経由で2時間のドライブ。

26日(木)は、9:30開園の旭山動物園へ。
思っていたほど広くなかったので12時までで、一巡することができました。
一番に面白かったのは、ゴマフアザラシと人間のアザラシとの共演。
どちらも脂肪分が豊富で、脂が乗ってますね。
IMG_0351.JPG

12時に旭山動物園の正門前に紋別の伊藤さんが、130km以上ある道のりにも拘わらず、わざわざ迎えに来てくれました。
旭川紋別自動車道経由で一路、紋別へ。
午後3時過ぎに、本日の宿、紋別セントラルホテルに到着して、チェックインを済ませてから、市内のスポット巡り。
伊藤さんに案内していただいて、オホーツク流氷科学センターオホーツクとっかりセンターオホーツクタワーを見学しました。

いずれも施設の規模の割には、お客さんがほとんどいないので、もったいない感じでした。
紋別は、道央からの距離が遠いので、お客を呼び込むには、それなりの努力が必要な感じです。
施設は、多少の改善を加えれば、それなりに楽しめるものだと思いますが、道立での運営であるためか、経営努力が不足している感は否めませんでした。

夜は、ホテルにて、伊藤さん&私ども2人で会食。
カニしゃぶ&お刺身などのご当地の料理とお酒をいただきました。
ちなみに紋別の伊藤さんは、ひらやま農園の十年来の常連さんで、今年は、売掛金の回収を兼ねて、紋別へ立ち寄ったわけですが、逆に借りをこしらえて帰ってくることとなりました。

(伊藤さんとホテルロビーにて記念撮影)
IMG_1048.JPG

最終日は、釧路空港15:05発のJAL542便に間に合わせないといけませんので、朝7時にホテルを出発しました。
国道238号−サロマ湖−国道333号−美幌峠を経由して、屈斜路湖、摩周湖方面へ。道中、3台前を走っていたダンプの前をエゾシカが横切って、あやうく轢きそうになってました。

(摩周湖第一展望台からの眺め)
IMG_0562.JPG

急いでいたため、屈斜路湖からの眺望を写真に収める時間が取れなかったのが心残りです。
弟子屈−鶴居経由で、釧路市丹頂鶴自然公園へ。
「自然公園」とはいうものの、フェンスの中にタンチョウヅルのつがいを見学できるという場所でした。
もっと大自然の中に羽ばたく丹頂鶴をイメージしていたので、「なんじゃいな?」という感じでガッカリしました。
知っていれば、途中の放牧地や畑で羽を休めていたシベリア方面から渡ってくる鳥を眺めていた方が安上がりで、かつ「自然」だったと反省しております。

遅れること15:15発となったJAL542便で羽田へ。
京急−山手線経由で、新宿から山梨市へ帰って来たのが、21時となりました。
道東の牛の多いのにはビックリしましたが、東京の人の多いのには辟易しました。
田舎者の私には、牛の方が合っているなぁと感じたところです。

夕飯を食べていなかったので、10分遅い電車で下校してきた次男坊を交えて、駅前のダイニング膳で遅めの晩御飯代わりの晩酌。
無事、旅程を終了することができました。

いつも、地べたを這うような生活をしている私ですが、たまにはフェリーや飛行機に乗ったりして、日常を離れる経験をすることも大切だなぁと、改めて感じた次第です。


posted by ももたろう at 08:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑感

2017年09月27日

農業を成長産業にするための一考

攻めの農林水産業〜成長戦略第2弾スピーチ〜

↑のリンクは、2013年の安倍内閣の「日本再興戦略」なんですけど、農業については、やってる人間からするとかなりポイントがズレちゃってますよね。

果樹精算通知書 001.jpg

↑は、去る9月8日出荷分の甲斐黄桃の精算書なんですけど、私共、農家の手取り額を上げるポイントが2つあります。

まず第一に、単価を上げること。
加納岩中央共撰所では特秀のことを「信玄」と表記しておりますが、特秀の15玉が228円では、安すぎて話にならんですね。
合計71玉で14,516円ですから、1玉あたり204円。晩生種で大玉が多いので平均204円になりましたけど、B級品やロス分を含めた着荷数量全体では当然この数値より下がるわけですから、農協系統出荷分の単価を上げることが重要となります。

第二に注目していただきたいのは、控除項目の左端にあります「口銭」(「くちせん」または「こうせん」)です。
これは、恐らく市場の人間の取り分(仲介手数料)なのでしょうけど、精算金額(〇代金)に対して、7.35%って高くないですかね?(口銭1,153÷精算金額15,677円=0.073547...)
証券会社と同じで売り手と買い手の両方から手数料取ってるんでしょうからねぇ。

一時期「流通改革」なんて言葉が流行りましたが、市場の仕組みは改革できないんですかね?
「高い手数料取るんだったら、それなりの単価で売り捌いてくださいよ。」というのが農家としての本音です。(高い値段で売れないんだったら、手数料下げてよね。)

ちなみに農協手数料は、口銭の右隣にあります251円、精算金額に対して1.6%(口銭の約1/5)ですから、ここを効率化したところで、多寡が知れております。

ということで、まとめますと、農家の所得向上のためには、
@ 末端価格を上げること。
A 市場の口銭率を下げること。

以上の2点となります。


posted by ももたろう at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2016年06月25日

au離脱

未成年の娘が契約者になっているauの携帯電話をMNPしようと電話したら、「契約者さま本人が直接連絡してくれ」、みたいなことぬかした。保護者がそういってるんだから、何の問題があるんだ。ふざけるな。

ということで、auひかり他の契約もまとめて解約することにしました。
posted by ももたろう at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2015年10月17日

日果輪 研修旅行

平成27年10月17日(土)天気:雨

15,16日と若手農家の集まり「日果輪」の研修旅行に行ってきました。
一日目は、農業ワールド2015の見学、
二日目は、農薬製造メーカーである日本曹達小田原研究所の視察と一夜城 Yoroizuka Farmの視察。
IMG_0119.JPG

特段、事前準備もなく行ったので、勉強不足は否めない研修となってしまいましたが、収穫はありました。
有機農業とか、低農薬・減農薬がうたわれだして久しいですが、一般の主婦と専門家の間の癌の原因に関する認識ギャップは印象に残りました。⇒「図2. がんの原因として考えている要因」
主婦は、「食品添加物」「農薬」「タバコ」が原因と考えているのに対して、専門家である癌の疫学者は「ふつうの食べ物」「タバコ」「ウィルス」が上位3つの要因としている。
これは、考えさせられましたねぇ。
私としては、ソモソモ論ですが、日本人は世界一長寿なわけですから、普段の食べ物について、それほど神経質になる必要はなくて、むしろ長生きするリスクをもっと考えるべきだとは思ってたところです。
しかしながら、果樹生産・販売者として考えなければならないのは、こうした一般消費者と専門家との認識ギャップをどうやれば埋めていくことが出来るか?ということです。
マーケットオリエンテッドの立場からすると一般消費者に目を向けないわけには行きませんからねぇ。
「安全・安心」なんてキャッチフレーズをよく目・耳にしますが、消費者的な立場に立てば、そっちの意見に耳を傾けたくなりますからねぇ。
まぁとりあえずは、「ポジティブリストに準拠した防除をする。」という平凡な結論になるような気がいたします。

小田原漁港
IMG_0121.JPG


桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園



posted by ももたろう at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2014年01月01日

新年の抱負 2014

新年あけまして、おめでとうございます。
旧年中は、いろいろとお世話になりまして、誠にありがとうございました。
本年も、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

年頭にあたり、今年の目標を記しておきたいと思います。

今年の抱負 2014

1.仕事(山梨ひらやま農園)
 ・ 売り上げ目標は、前期比5%アップ
 ・ Yahoo shoppingに出店する。
 ・ 畑を新たに10a賃借する。
 ・ 桃、ぶどう以外の多角化の検討(キウイ、ブルーベリー等)

2.子供の教育
 ・ 長女(4月から高校2年生)
   大学受験準備
 ・ 長男(4月から中学3年生)
   高校受験準備
 ・ 次男(4月から中学1年生)
   英語教育の本格化

 いずれも時間管理をどうやって実現するか?が課題。

3.自分の教育
 ・ 読書 週1冊(ジャンルは問わない)
 ・ TOEICテスト 3月&10月or11月の2回受験して、750点以上を達成すること(現在のスコア600点だから、かなり意欲的かな?)。

4.かみさんの教育
 ・不可能。

5.趣味
 ・ ゴルフ 年間8ラウンド以上で平均スコア90を切ること。(2013年は7ラウンドで93.71でした。)

6.付き合い
 ・ 同級生無尽のメンバーを増やすこと

7.社会貢献
 ・ ユニセフ募金(現在、月額3000円)の増額

8.まとめ
 ・ 健康第一
posted by ももたろう at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2013年11月12日

日果輪・研修旅行 2013

平成25年11月11日、12日

地元・日川地区の百姓仲間と新潟県、長野県に農業関連の研修旅行に行ってきました。

訪問先は、
1.桃・ぶどうの袋などを作っている柴田加工紙
 工場見学及び製品についての意見交換

・ 省力化、高付加価値化に資する資材を活用することを考える。
・ 桃では、品種特性に応じた資材を活用する。
IMG_0955.JPG

2.年間を通じて果物を生産販売している白根グレープガーデン
 社長さんの講演及び質疑応答、園内見学

・ プラスαとなる第三の作目にチャレンジすることを課題とする。
・ フロンティア精神を発揮する。
IMG_0958.JPG

3.地元特産品の六次産業化に取り組んでいる小布施屋
 小布施町振興公社の取り組みと質疑応答 

・地域を活性化する産業の創造、雇用の創出
・格好いい百姓のアピール
IMG_0967.JPG

4.果樹栽培の試験研究をやっている長野県果樹試験場
 場内見学及び質疑応答

・高品質化に資する栽培方法の導入検討
IMG_0980.JPG


チャレンジ精神を忘れないこと、失敗を恐れないこと、新しく何か始めること。

いろんな刺激を受けた楽しい2日間でした。


参加したメンバーで記念写真撮影するの忘れてたね。
次回の検討課題としたいと思います。



posted by ももたろう at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2013年03月28日

化粧について

男性はあまりしないと思いますが、女性の方は普通、化粧をしますよねぇ。
綺麗に見せたいという心理の現れなんだろうと思いますが、化粧品メーカーにうまく乗せられてるわけです。

うちのかみさんの顔など、スッピンではシミだらけで化粧しないと酷いもんですが、化粧すると見れるようになります。
コーセーとか資生堂の狙い目ですね。

snap_img_20070930_165425.jpg

ところが、ここが肝だと思うのですが、あれ着けるとシミの症状が悪化するんじゃないですかね?と個人的に考えております。
長いこと見てきましたが、実証実験から、最近、そのように考えるようになりました。
つまり、「付ける⇒隠れる⇒酷くなる⇒さらに付ける」という”悪魔のサイクル”にハマっているということです。

肥料も同じだと思います。
肥料をやれば桃やぶどうが健全に成長するような気がしますが果たしてそうなんでしょうかねぇ?
花粉症の方、多いと思いますが、毎年、この季節になると花粉をまき散らしている杉とかヒノキ、あれには誰か肥料やってるんですかねぇ?
大きく成長して、花粉症の人を増やすように、耳鼻科の先生の団体が肥料を撒いている、という話は聞いたことがありません。
きっと、自然に大きくなっているんだろうと思います。

桃やぶどうは、果実としての持ち出しがありますから、その分くらいの肥料は与える必要があるとは思いますが、あまり過剰な施肥は富栄養化を招き、病気に弱い樹を作るように思います。

無肥料、無農薬は無理としても、出来る限り、自然に近い形で桃やぶどうを作っていきたいと思います。

”糊”を”塗る”と書いて「糊塗」という言葉があります。
意味は、「隠す ・ ごまかす ・ 塗り隠す ・ 覆い隠す ・ (〜を)隠蔽する ・ (不安を)まぎらわす ・ (うわべを)取り繕う ・ 言い繕う ・ お茶をにごす ・ つじつま合わせ ・ その場しのぎ ・ 間に合わせ ・ 一時しのぎ ・ (臭いものに)フタをする」ということです。

逆にいうと「本質的なところを大切にしましょうよ。」という結論になります。
人間でいえば、外見ではなくて内面、樹木でいうと大地に深く根を張って大きく成長すること、ですかね?

ちなみにこのブログ記事は、菅野美保さんとは一切関係がございませんので、ご承知おきのほど、よろしくお願い申し上げます。


posted by ももたろう at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2013年03月13日

日に新たに

長女の中学校の卒業式に出席しました。

IMG_2018.jpg

山梨南中学校の校訓は、「日に新たに」
これは、大学 伝二章
湯之盤銘曰、苟日新、日日新、又日新
湯とうの盤ばんの銘に曰く、「苟まことに日に新たに、日々に新たに、また日に新たなり」と。
に由来するということです。

私は、丁度30年前に山梨南中を卒業しました。
当時、校訓について、特に感慨もありませんでしたが、今日、学校で改めてこの「日に新たに」に接して、まさに「イノベーションと企業家精神」につながる言葉だとの思いを新たにしたところです。

市議会議長の祝辞では、Apple Inc.のスティーブ・ジョブズの話をされてましたが、子供たちには、無から有を作り出すチャレンジ精神を大切にしてもらいたいと思います。

かくいう30年前の南中卒業生である私も今年新たに耕作放棄地を借りて、開墾作業を始めるところです。
若い人たちには、失敗を恐れず、これからいろんなことに挑戦していってもらいたいと思います。

今日は4件祝辞をいただきましたが、なかなか聴いていて良いものが多かったように思います。
小林県PTA会長もご臨席いただきましたが、時間の都合で、お言葉を頂戴することができなかったのが、まったくもって、痛恨の極みです。





posted by ももたろう at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2013年01月21日

ガラパゴス化

最近よく耳にする「ガラパゴス化」という言葉ですが、このまま日本のガラパゴス化が進むと相当悲観的な将来になるような気がしてます。

wikipediaによれば、その定義は、
ガラパゴス化(ガラパゴスか、Galápagos Syndrome)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)が高い外来種が導入されると最終的に淘汰される危険がある、進化論におけるガラパゴス諸島の生態系になぞらえた警句である。」
ということで、
パソコンのPC98シリーズ、カーナビ、ガラケーなどが例として挙げられております。
私見では、独自に発展してきた日本の「英語教育」もガラパゴス化の一例ではないかとさっき気が付きました。
「日本国債」もガラパゴス化してるんじゃないですかね?

内向き志向のため、グローバリズムとか国際化とかの言葉とは裏腹にまったく逆の方向に進んで行ってしまっている、そんな気がします。

夏野流 脱ガラパゴスの思考法 [単行本]
夏野 剛 (著)

posted by ももたろう at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感