2013年01月20日

『孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学』 (PHP文庫) [Kindle版] 板垣英憲 (著)


 道 天 地 将 法

 頂 情 略 七 闘

 一 流 攻 守 群

 智 信 仁 勇 厳 

 風 林 火 山 海


それぞれの字義につきましては、本書をご参照ください。

本書を読み終えて、孫子の兵法について、勉強する気になりました。
また、何をするについても、「堅固な意志とその実行力」が大事であることを認識しました。

自分より、大志を抱く若い世代向きの本だと思います。
 



posted by ももたろう at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 就農支援

2013年01月18日

就職氷河期

就職内定率の推移
↑は、1996年以降の大卒就職内定率の推移を現わしております。
4月1日現在で、概ね9割以上就職できてるわけですから、そんなに大騒ぎすることでもないんじゃないの?と思うわけなんですが、需給のミスマッチというのがあって、学生側は「入りたいと思う会社からなかなか内定が取れない」、採用する側は「なかなか良い人材に巡り合えない」というような感じなんでしょうかねぇ?
まぁ、随分長いこと氷河期なわけです。

正規雇用者と非正規雇用者の推移
それどころか、非正規雇用者(パート・アルバイト・派遣社員・契約社員)の割合が、40%に迫ろうかというような現下の雇用環境です。
おれの新卒の頃は、楽チンだったなぁ?でもサッサと辞表提出して、今ではお百姓だもんなぁ、と自分の気楽さに感心しているところです。
ともあれ、就活適齢期の若い衆も大変ですが、現役で働いてる世代もいつリストラに遭うかとストレスが溜まる一方の雇用情勢なんですねぇ。

平均年収の推移
非正規雇用者の増加につれて、平均年収の方は、このところ減少しておりまして、年収400万円を割ろうかという水準まで低下してきております。

まぁ、先立つものがなければ結婚することも子供作って育てることもできないわけですから、少子化対策には、現役特に新卒から35歳くらいまでの年収を上げることが必要だと思います。
まぁ、小手先の緊急経済対策では、こういった構造問題は解決しないわけなんですが、構造問題の解決には、腰を据えて取り組む時間が必要なわけでして、政権がコロコロと変わっているような状況では絶望的と言わざるを得ません。

Jリーグなどを見てますと、成績が悪いとすぐに指揮官を交代します。オーナーがアホなことが原因だと思いますが、西野さんを解任した、G大阪とヴィッセル神戸がJ2に陥落しました。
小手先の改革が結果に結び付くどころか却って悪化を招くという良い例です。
マンチェスターユナイテッドのファーガソン監督は1986年に就任以降、26年間チームを指揮しております。

こども手当とか高校授業料無償化とかの小手先の改革では、少子化対策にはならないと思います。
明るい将来をイメージできるような、そういう日本にすることが今の安倍内閣には求められていると思います。

就活とは、随分違う結論にたどりついてしまいました。
まぁ、雇用のミスマッチについては、耕作放棄地と絡めて、またの機会に考えていきたいと思います。



posted by ももたろう at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 就農支援