2018年09月25日

診断なくして、処方なし。【土壌分析 2018】

9月7日に実施した土壌分析の結果がでましたので、備忘録として載せておきます。

全般的な傾向としては、PH高め、石灰過剰、カリ過剰、リン酸過剰、苦土少な目、といったところです。

【日川白鳳:北川原北】
2018土壌分析 001.jpg
PHが若干アルカリに寄ってるところ以外は、ほぼ適正。
施肥は、昨シーズン並みといったところです。

【川中島白桃:北川原東】
2018土壌分析 002.jpg
リン酸がかなり過剰に入っておりますが、他はほぼ適正なので、施肥は昨年並み。

【さくら白桃:宏治園】
2018土壌分析 003.jpg
こちらは、苦土が少ないので硫マグ多めの施肥、ということになります。

【甲斐黄桃:大西】
2018土壌分析 004.jpg
こちらも、苦土が少ないので硫マグ多めの施肥、ということになります。

【白鳳:栗原分】
2018土壌分析 005.jpg
すべての項目で、過剰気味ですので、施肥を控えめにして、PH矯正のため、硫黄粉末を散布します。

【なつっこ:金子園】
2018土壌分析 006.jpg
この秋から新しく借りた畑です。
こちらは、ほぼ適正なので、適当に施肥します。

【巨峰:中屋園】
2018土壌分析 007.jpg
全項目過剰気味ですので、施肥控えめにします。

【巨峰・ピオーネ・藤稔:東の北川原】
2018土壌分析 008.jpg
苦土が少ないので硫マグ多めの施肥、ということになります。

【シャインマスカット:東の元ハウス】
2018土壌分析 009.jpg
こちらも苦土が少ないので硫マグ多めの施肥、ということになります。

硫黄粉末は、値段が高いのでPHの高い順に1袋ずつ、計1園程度散布していこうかと考えております。


桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園


タグ:土壌分析
posted by ももたろう at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184512097

この記事へのトラックバック