2017年09月16日

堆肥工場を見学してきました。

平成29年9月15日(金)天気:晴れ

16日(土)は、ぶどう出荷休みのため、ぶどうの収穫は休業。
午前中、ちよひめ、白鳳、浅間白桃の畑に礼肥(鶏ふん)を撒いて、川中島白桃の畑12aをトラクタで耕転しました。
トラクタでの耕転は、秋の礼肥後に1回、肥料を撒いて、麦の種を蒔いた後に1回の計2回やります。
午後は、牛ふん堆肥の購入先、富士山麓の富士ヶ嶺にある株式会社タケエイグリーンリサイクルに工場見学に行ってきました。
IMG_0880.JPG

メンバーは、日果輪の仲間3人とJAフルーツ山梨の指導員ほか1名の合計5名。
バークのチップの山や堆肥の各製造工程を見学させていただきました。
IMG_0879.JPG

IMG_0883.JPG

自分の畑に投入している堆肥が、どんな資材を使って、どのように製造されているのかを確かめることができたので、安心して使えるようになった気がします。
窒素、リン酸、カリなどの諸元の数値も重要ですが、それをどんな人がどんな工程で作っているのか?ということも大事だと思います。

堆肥 検定証明書 2017.9.15 001.jpg


桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園


posted by ももたろう at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181016139

この記事へのトラックバック