2017年09月27日

農業を成長産業にするための一考

攻めの農林水産業〜成長戦略第2弾スピーチ〜

↑のリンクは、2013年の安倍内閣の「日本再興戦略」なんですけど、農業については、やってる人間からするとかなりポイントがズレちゃってますよね。

果樹精算通知書 001.jpg

↑は、去る9月8日出荷分の甲斐黄桃の精算書なんですけど、私共、農家の手取り額を上げるポイントが2つあります。

まず第一に、単価を上げること。
加納岩中央共撰所では特秀のことを「信玄」と表記しておりますが、特秀の15玉が228円では、安すぎて話にならんですね。
合計71玉で14,516円ですから、1玉あたり204円。晩生種で大玉が多いので平均204円になりましたけど、B級品やロス分を含めた着荷数量全体では当然この数値より下がるわけですから、農協系統出荷分の単価を上げることが重要となります。

第二に注目していただきたいのは、控除項目の左端にあります「口銭」(「くちせん」または「こうせん」)です。
これは、恐らく市場の人間の取り分(仲介手数料)なのでしょうけど、精算金額(〇代金)に対して、7.35%って高くないですかね?(口銭1,153÷精算金額15,677円=0.073547...)
証券会社と同じで売り手と買い手の両方から手数料取ってるんでしょうからねぇ。

一時期「流通改革」なんて言葉が流行りましたが、市場の仕組みは改革できないんですかね?
「高い手数料取るんだったら、それなりの単価で売り捌いてくださいよ。」というのが農家としての本音です。(高い値段で売れないんだったら、手数料下げてよね。)

ちなみに農協手数料は、口銭の右隣にあります251円、精算金額に対して1.6%(口銭の約1/5)ですから、ここを効率化したところで、多寡が知れております。

ということで、まとめますと、農家の所得向上のためには、
@ 末端価格を上げること。
A 市場の口銭率を下げること。

以上の2点となります。


posted by ももたろう at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

土壌分析結果

平成29年9月27日(水)天気:晴れのち曇り

昨日で、ピオーネの収穫を終了し、本日、今シーズン最終出荷となりました。
午前中は、巨峰、ピオーネの畑10aとさくら白桃の畑12a、幸茜の畑13aをラビットモアで除草作業。
一宮白桃13a、幸茜13a、黄金桃4aに礼肥(鶏ふん)を3袋、3袋、1袋の合計7袋撒きました。

午後は、13時30分から土壌検査の結果説明会に出席しました。
検査の結果は、次の通りです。

(川中島白桃)
土壌分析の結果 2017.9 001.jpg

(白鳳)
土壌分析の結果 2017.9 002.jpg

(シャインマスカット)
土壌分析の結果 2017.9 003.jpg

(巨峰・ピオーネ・藤稔)
土壌分析の結果 2017.9 004.jpg

全体として、石灰過剰、苦土不足、カリ・リン酸はおおむね適正というところですが、親の代にひたすら石灰を撒いていた白鳳の畑は例年通り、PH高め&かなり石灰過剰、3年前に借りたシャインマスカットと巨峰・ピオーネ・藤稔の畑は、苦土不足、石灰&リン酸過剰という結果となっております。

肥料分はそれほど必要ない感じですので、苦土不足の園については、秋&春に硫酸マグネシウムを多めに撒く。
特段問題ない園については、牛ふん堆肥に代えて、肥料分の少ない牛ふん抜きのバーク堆肥を施肥するということにいたします。
微量要素も必要ですので、ホウ素などを含んでいる配合肥料を少々、それから、アルギン酸やミネラル豊富な海藻肥料を少々(値段が張るので、10aあたり1袋)撒く程度にしたいと思います。

桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園



posted by ももたろう at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業日誌

2017年09月20日

桃の木、伐採。

平成29年9月20日(水)天気:晴れ

桃の秋季剪定をやりながら、老木を伐採して、焚き火してます。

IMG_0886.JPG

去年は、秋季剪定に手が回らなかったため、冬の剪定で苦労したので、今年はすべての品種、秋季剪定するつもりで頑張ってます。

桃の木は、だいぶ整理がついてきましたが、それでも、まだ結構、伐採する木があります。
今シーズンの伐採予定は、日川白鳳1本、みさか白鳳2本、白鳳4本、浅間白桃2本、ちよひめ1本の合計10本。
本日までに、ちよひめを除く9本の伐採&伐根が完了しました。
秋季剪定は、日川白鳳、川中島白桃、みさか白鳳、浅間白桃の4品種、終了しました。
残りは、白鳳、一宮白桃、なつっこ、幸茜、さくら白桃、甲斐黄桃の6品種。
なんとか月末までに完了させたいと思います。

IMG_0888.JPG

焚き火をするとマイムマイムを踊りたくはなりませんが、BBQをやりたくなります。

桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園

posted by ももたろう at 20:18| Comment(1) | TrackBack(0) |

2017年09月16日

堆肥工場を見学してきました。

平成29年9月15日(金)天気:晴れ

16日(土)は、ぶどう出荷休みのため、ぶどうの収穫は休業。
午前中、ちよひめ、白鳳、浅間白桃の畑に礼肥(鶏ふん)を撒いて、川中島白桃の畑12aをトラクタで耕転しました。
トラクタでの耕転は、秋の礼肥後に1回、肥料を撒いて、麦の種を蒔いた後に1回の計2回やります。
午後は、牛ふん堆肥の購入先、富士山麓の富士ヶ嶺にある株式会社タケエイグリーンリサイクルに工場見学に行ってきました。
IMG_0880.JPG

メンバーは、日果輪の仲間3人とJAフルーツ山梨の指導員ほか1名の合計5名。
バークのチップの山や堆肥の各製造工程を見学させていただきました。
IMG_0879.JPG

IMG_0883.JPG

自分の畑に投入している堆肥が、どんな資材を使って、どのように製造されているのかを確かめることができたので、安心して使えるようになった気がします。
窒素、リン酸、カリなどの諸元の数値も重要ですが、それをどんな人がどんな工程で作っているのか?ということも大事だと思います。

堆肥 検定証明書 2017.9.15 001.jpg


桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園


posted by ももたろう at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) |