2016年11月21日

『地球農学の構想 ミネラル畑に命はあふれ』(川田薫・川田肇 著 野草社)

 後先が逆になりましたが、10月に見学に伺った川田研究所の川田薫さん、肇さんが書かれた『地球農学の構想』を読みました。
 書名からは一見、この本が畑の施肥に関連するようには思われないんですけれども、土壌の研修を受けたのが先で本を知ったのが後だったため、読んでみることとなりました。
 
 「岩が巨木のいのちを育てている!この気づきがすべての始まりでした。」とこの本の帯に書かれているんですけど、似たような疑問というか着想も実は私も長年持っておりました。
 「なぜ、春先に多くの花粉症の被害者を発生させる原因となっている杉やヒノキは、これほど甚大な影響を生じるような立派な木に成長したのか?」「誰か、肥料をやっているのか?病害虫防除の消毒は?剪定は?」
 この本を一読し(その前に著者の研究所で研修を受けておりますが、)、その原因らしきものがうっすらと見えてきた気がします。
 
 巷間、よく言われている現代農業の生産面での問題点としては、
1.化学肥料・農薬の大量投入
2.土壌環境の悪化
3.連作障害、病虫害の発生
4.さらに強い農薬の投入
という悪循環に陥っているということが挙げられております。
 上記のような状況を改善するために有機肥料の投入、低減農薬栽培などで対応しているわけです。
 また、『7つの習慣』の”はじめに”に書かれているんですけど、人間の肉体的側面における現代社会の傾向として「生活習慣を改善せずに、健康上の問題は手術や薬で治療する」のに対して、原則としては、「健康に関してすでに確立され受け入れられている普遍的な原則に沿ったライフスタイルによって、病気や健康上の問題を予防する。」ということが述べられています。
 これを農業生産の問題に当てはめてみると、「肥料や農薬で対応するのではなく、普遍的な原則に基づいて予防する。」ということになるんじゃないかと思います。
 では、農業生産における普遍的な原則とは何なのか???
 
 収穫を終える秋になって、土壌分析をして、主として土壌の化学性の検査を行って施肥設計しているわけですが、そこにもう一つのアプローチを示してくれているのが、この『地球農学の構想 ミネラル畑に命はあふれ』(川田薫・川田肇 著 野草社)であると思います。
 詳細については、本書をご一読されることをお勧めいたします。



 

 
posted by ももたろう at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴耕雨読

2016年11月10日

桃の定植

平成28年11月10日(木)明日は、11月SQ日。

ようやく桃の葉も落ちましたので、幼木の定植を今日から始めました。

IMG_0674.JPG

今日一日で、加納岩白桃2本、浅間白桃1本、さくら白桃1本の計4本、定植完了。

ミネラルA液 001.jpg

「土壌中の菌相を整え、有効微生物を活性化」する効果を期待して、研修旅行でお世話になった川田研究所天然岩石抽出ミネラル液 農業用A液を希釈倍率500倍で1本につき30Lほど散布しました。



posted by ももたろう at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年11月07日

計画の秋

前回投稿してから4か月も経ってしまいました。
毎年、8月9月は、農繁期で忙しいのと、暑さと疲れの影響でブログを書けなくなってしまいます。
肥料を撒き始める10月くらいから体力も回復して時間的な余裕もできるので、またブログが書けるようになります。

収穫が完了して今シーズンの成績が判明するこの時期は、これから先の計画を立てる時期でもあります。
http://www.franklinplanner.co.jp/system/important.html
時間管理のマトリックスでいうところの第二領域「緊急ではないが重要」なことに時間を使える時期です。
農繁期は、摘蕾、摘花、摘果、収穫、その合間に消毒と専ら第一領域「緊急かつ重要」の活動をやる時期ですが、10月以降の半年くらいは緊急な事柄がなくなりますので、第二領域に使える時間が増えます。
とても建設的で精神的にも安定している時期といえます。

ということで、先週、桃の栽培本数をチェックして、どの品種を伐採し、どれを増やすのかを検討しました。
H28年 圃場計画.pdf

成木の割合が50%にも達していないとは驚きでした。

課題のあるところでは、白鳳の樹齢が20年近くに迫っていて、全体的に樹勢の低下が目立つようになったんですけど、更新用に植えてある幼木の成長がまだまだのため、思い切って伐採することができません。
それから、幸茜については、歩留りの悪さが非常に目立ったので、思い切って3本伐採して、3列あるうちの1列は「なつっこ」に転換することとしました。

10品種20本、全体で200本くらい、うち成木50%以上を維持できれば、全体として毎年平均的な生産量を確保できると考えております。

posted by ももたろう at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) |