2016年02月29日

ぶどう棚の改修工事

平成28年2月28日(日)

所得税の確定申告が完了したところで、1週間ほど前から新たに賃借したぶどう園の棚の改修工事を進めております。
このぶどう園が17a、さらに別のところに10a、合計27aを今回お借りすることとなりました。
元々の自分の所有する耕地面積は50a、いわゆる五反百姓(ごたんびゃくしょう)だったわけですが、借り始めると次から次へと貸し手が現れてくるもので、あっという間に借地面積だけで137aほどとなりまして、総耕作面積は180aを超え、2町歩を目前とするところまで来ました。
働き手は、私とおふくろとかみさんの3名ですので、すでに限界を超えており、よくおふくろからは「殺す気か」と本気で言われます。
まぁ、ともあれ、借りてしまったものは仕方ないので、せっせと使える畑に変身を図っているところです。

IMG_3763.JPG

地中で錆びて使い物にならなくなった支線を交換し、杭通し線を張り直して、以前の温室ハウスの名残のコンクリートの杭を撤去して、新しくパイプの帆柱を設置しています。
帆柱から針金でぶどう棚を吊ると杭を減らせる分、棚下に邪魔なものがなくなって、棚下での作業が効率よく行えるようになります。
反面、風で煽られたときに棚が軽いため、振動が大きくなって、果実に対するダメージが心配されることとなります。

IMG_3771.JPG

そういうわけで、帆柱で棚を吊っても、コンクリートの杭はすべて不要ということにはできないわけで、撤去した杭を丁度よい寸法に切断して、再利用することを考えております。

IMG_3768.JPG

帆柱の設置が完了後、コンクリート杭の再利用、小針の張り直しと改修作業は目白押しです。
硫黄の消毒を3月中旬くらいにはやりたいと考えておりますので、あと10日ほどで棚の改修作業が終わるように頑張っているところです。

桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園

posted by ももたろう at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶどう

2016年02月02日

桃の剪定作業

あっという間に1月を過ぎ、2月になりました。
昨日降った雪の影響で畑がぬかるみ、また農作業が遅くなりそうなところです。
一通り桃の剪定作業も終了し、現在は、剪定枝の後始末をしております。

IMG_0035.JPG
(一宮白桃)

昨年までは、さくら白桃、幸茜、ちよひめの3園のみ自分で剪定しておりましたが、今年からは全園、自力でやっております。
他人がやった作業には、いろいろとケチをつけますが、いざ自分でやってみるとなかなか思い通りにハサミが進まず、あれこれと悩むもの、ということに気が付いたところです。

何事も経験ですねぇ。

posted by ももたろう at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) |