2018年10月20日

秋の施肥

平成30年10月20日(土)天気:晴れのち曇りのち雨

先週から畑の除草と秋の施肥をやり始めております。
土壌分析の結果を参考にしまして、この秋の施肥設計は↓の通りとしました。

2018秋の施肥.jpg

土壌分析の結果、PHが7を超えていた畑には硫黄華を10aあたり1袋撒くことにしました。
糠と海藻肥料が、まだ入荷してませんけど、今月中には、秋の施肥を完了する予定でおります。

桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園




posted by ももたろう at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 農作業日誌

2018年10月12日

日果輪 北海道研修旅行2018.10

平成30年10月10−11日、1泊2日の旅程で日川地区の果樹生産者団体「日果輪」の仲間たちと研修旅行に行ってきました。

今年の研修先は、北海道方面。
10日午前3時45分に参加者14人集合して、山梨を出発。
羽田からADO便で旭川に9時に到着。
レンタカーで午前の研修先である中富良野の寺坂農園さんに移動。

感動野菜産直農家 寺坂農園
メロン、アスパラガス、とうもろこし等を生産販売している農業生産法人で、社長の寺坂祐一さんは、情報発信能力に優れた人でして、農家の直販を支援する書籍『直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家 』(DOBOOKS) の著者でもいらっしゃいます。

IMG_1238.JPG

3ha超の農園内を説明を受けながら一巡したのち、休憩室で社長からレクチャーを受けました。
内容は、主として著書に基づいた、販売面のお話。
著書を予め一読しておりましたので、講義内容については、ほぼ理解しておりましたが、今後の農業経営を考えていく上では、「売上高の方程式」については、より一層掘り下げて理解し、実践していく必要があると思いました。
「売上高の方程式」の詳細については、寺坂さんの著書『直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家 』(DOBOOKS)をご参照ください。

将来的には、この無尽団体「日果輪」を発展的に日川地区の農業を支える生産法人にしたいと個人的に目論んでおりますので、情報発信力のスキルアップに取り組んでいきたいと考えております。

富良野で遅めの昼食後、本日の宿泊地・札幌へ。
ホテルにチェックインする前に早めの夕食は、サッポロビール園で、ジンギスカン食べ放題&飲み放題(120分)。

IMG_1242.JPG

(日果輪の面々)
8696928891751.jpg

夕食後、ホテルサンルートニュー札幌にチェックインした後、それぞれ、思い思いに夜のすすきのの街へと消えていったのでありました...


(参考にすべき図書)
『図解 成功ノート―非常識に儲ける人々が実践する』(神田昌典・著)
『あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ』(神田昌典・著)

posted by ももたろう at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日果輪

2018年10月05日

従業員慰安旅行 2018.10 2日目

平成30年10月3日(水)
 
 ドライブ2日目は特に行先も決めてませんでしたが、私が小学生の頃に海水浴に行ったことがある、いわき市四ツ倉を目指して、仙台から仙台南部道路−仙台東部道路を経由して、常磐自動車道へ。
 福島県内に入ったところの新地ICで高速を降りて、国道6号線へ。
 途中、道の駅での休憩をはさみながら、相馬−南相馬と南下して、帰還困難区域に進入。
 正直なところ、この地を訪れるまで「帰還困難区域」という言葉を知りませんでした。

 IMG_1233.JPG 
 
 帰還困難区域(2016年01月13日 朝日新聞・朝刊)
”東京電力福島第一原発事故を受け、政府が福島県内に設けた避難指示区域の一つ。放射線量の高い順に「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」。帰還困難区域は年間に換算した放射線量が2011年度末で50ミリシーベルトを超えていた区域で、政府が立ち入りを原則禁止している。7市町村にわたり、対象住民は約2万4千人。帰還のめどはたっていない。”

 現在のところ、帰還困難区域を通る国道6号線は自動車での通行は可能ですが、歩行者、自転車、自動二輪車の通行はできません。
 また、横道に進入するには通行証が必要となっているようです。

 (入り口を封鎖された住宅)
IMG_4619.JPG
 
 (営業休止のかっぱ寿司、しまむら)
IMG_4632.JPG

 (除去土壌等運搬車)
IMG_4611.JPG

 これだけの被害をもたらしたにも拘わらず、原発再稼働を進める政府・電力会社の姿勢には?????です。
 そもそも原発稼働から、50年超が経過しているにも拘わらず、放射性廃棄物の処理方法が確立されていない現状を政府・電力会社・有識者と言われる人たちは無視しているようにしか思えません。

 私は、山梨の果樹農家ですから、土地を愛し、自然を愛し、国土を愛する、愛国者です。
 ですので、単純なメディア的区分では「右翼」に相当すると思いますけど、原発稼働には断固反対です。でも、断じて「左翼」ではありません。
 安全性が確保されれば済むという問題ではありません。
 日本全国、原発の稼働は、ごみ処理方法が確立されてからじゃないと話になりません、と思っております。

 そもそもごみ処理方法を棚上げして50年以上経過しているのに、未だに確立されていないということは、今後もできないだろう、と考えるのが普通じゃないですかね?
 この原発ごみ処理問題を将来の世代に押し付ける(既に押し付けてるんですけど)、これ以上押し付けるのはやめにしましょう。

 Simple is best.

 その後、小名浜の市場食堂で昼食。マグロの漬け丼を注文したけど、つゆだくでしょっぱかったです。
 茶碗蒸しの茶碗の内壁が割れてて、中に欠片が3つ入っておりましたので、「星1つ」とさせていただきます。

 小名浜の市場は水曜日のため、閑散としておりましたので、茨城の那珂湊まで南下して、森田水産で海産物を所望して、帰路へ。

 2日目は、ほぼ1日中、運転して、終わりました。

今回の旅行で気付いたこと。
・ トラックドライバーの皆さん、お仕事ご苦労様です。日本の物流を支えていてくれて、感謝しております。
・ 宮城峡蒸留所は、静かで良いところです。余市はいかん、人が多くて(どこの人とは言いませんけど...)
・ 石巻では、もう普通の生活に戻ってる感じでしたね。(まぁ、心にキズは抱えてるんでしょうけど。)
・ 福島は、まだこれから先、気が遠くなるような復興作業が続くんだろうなぁ。という印象でした。
・ 放射性物質のハンドリングを間違えると大変なことになりますね。
・ すでにやってしまったものは仕方ありませんが、これ以上、「間違い」を続けることはやめましょうよ。

以上です。

P.S.
来年は、九州地方(福岡・佐賀・長崎・大分)を予定しております。

桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園



 
 
posted by ももたろう at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2018年10月04日

従業員慰安旅行 2018.10

10月2日、3日の1泊2日の旅程で、少し長めのドライブをしてきました。

今年の従業員慰安旅行は、東北(宮城&福島)方面。
朝の渋滞を避けるため、深夜1時に山梨を出発。
中央道勝沼IC−圏央道−東北自動車道で、途中、適当に休憩をはさみながら、7時間程度の旅程。

初日のメインの観光スポットは、ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸留所。営業開始時間9時前に無事到着。
まっさんが作った二番目のウヰスキー工場です。
IMG_4550.JPG

 ガイドさんの説明を聴きながら工場内を見学して、ウィスキーの試飲をさせてもらって(私は運転手だからダメでしたけど)、宮城峡蒸留所限定販売のお土産を買ってから、次の訪問地の石巻に向かいました。

 お昼過ぎに石巻到着。
 旧知の黒須真一くんと四半世紀ぶりに再会して、お昼ご飯を近所の割烹で一緒にいただきました。
 昼食後、東日本大震災の際の話などを聴きながら、市内をドライブして、日和山公園などを案内していただきました。

 石巻市の東日本大震災被災状況(人的被害)

 『石巻市に押し寄せる津波』(youtube)

(日和山公園から海側)
IMG_1227.JPG

(日和山公園から旧北上川側)
IMG_1229.JPG

 何と言ってよいのか言葉につまりますが、”復興道半ば”という印象を受けました。

 黒須さんと別れて、松島−多賀城経由でホテルのある仙台市中心街へ。
 夕飯は、今年の夏、桃のご注文をたくさんいただいた『居酒屋 魚たつ』さんで。
 刺身も牛タンもお酒も、どれも美味しくいただきました。
 お酒が美味しいとついつい飲み過ぎてしまいますので、超辛口をお願いしたんですけど、それでも飲み過ぎてしまいました。
 感覚的には、青汁の「うーん、不味い」といいながら呑むお酒が理想的だと思っております。

(2日目に続く)

posted by ももたろう at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2018年10月01日

台風24号 被害報告

平成30年10月1日(月)天気:晴れ

昨晩遅く、台風24号は山梨県地方に最接近しました。
昨晩の勝沼の最大瞬間風速は25.3m/s
深夜、風の音で、起きたくらいですので、相当の風速を記録したようです。

ということで、被害状況の調査がてら、各園地を巡回してきましたところ、桃の木が2本、根元から傾いておりました。
IMG_1220.JPG

枝が折れるわけでもなく、何とも不思議な状況なんですけど、木と根のバランスが悪かったのか、根の張り方が浅かったのか、おそらくその両方の理由が考えられます。

IMG_1224.JPG

こうなってしまっては、引っ張って起こすわけにもいきませんので、予後不良ということで伐採処分することにいたします。
両方とも5年生くらいの木でこれからだったのに残念ですが、致し方ありません。

桃とぶどうの通販 山梨ひらやま農園

posted by ももたろう at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) |